法人の目的

現在の日本では人口減少や少子高齢化、産業や社会基盤の変化が急速に進んでいます。この変化は都市部よりも地方で大きく、共同体の構成基盤がゆらぎ、近い将来、連鎖的な「集落消滅」が起こりかねません。

「長年にわたって培われてきた集落が、ここ数年の時代の流れによって、いとも簡単に消えていいのだろうか」。そんなことに疑問を抱いた私たちは、消滅の危機にある集落を維持し、古民家や田畑を財産として未来に伝えようと、NPO法人いろりを発足いたしました。キャッチフレーズは「未来を生きる村づくり」。単なる保全・維持にとどまらず、未来に向け集落が新たな一歩を踏み出せるよう、支援させていただきます。

名前の由来

いろり(囲炉裏)は古民家を象徴する空間です。いろりのある古民家を守ると同時に、“いろり端会議”のように人と人が集い、ひいては地方と都市が交流する機会を提供したいという思いを込めて命名しました。

具体的な活動

(1) 古民家の保全、空き家の活用

古民家には昔の人びとの生活の知恵が詰まっています。つまり古民家を残すことは、先人の知恵に触れ、生活に思いを馳せる機会を残すことになります。

国や地方自治体の文化財に指定されていなくても、歴史的・建築的な価値の高い古民家はたくさんありますが、残念ながら空き家も多く、解体の日が迫るものも少なくありません。

理想は、古民家を持続可能な状態で維持すること。それが困難であれば、傷んだものを修復し、空き家については新たな活用法を模索する。そんな活動を行います。

(2) 地方と都市住民の交流促進

農業や伝統工芸、郷土料理、芸能、祭礼など、都市ではすたれつつある文化や生活習慣の多くが、地方では継承されています。都市住民の方にこれらの体験の場を提供すると同時に、地方・都市住民の交流や意見交換の機会を増やしていきます。

(3) 産業振興

地方と都市の産業格差を埋めるため、名産品の発掘や、農林業の六次産業化などを促進していきます。地方では空き家問題とともに、耕作放棄地や管理放棄林の対策も急務となっています。使われなくなった農林地の再生を通じて、集落全体の活性化を図ります。